スポンサーリンク

サイト内回遊率を上げるためにおすすめの関連記事用プラグイン!【Stinger3】

以前、「サイトの直帰率改善のために行うべき施策(その2)」という記事で、「WordPress Related Posts」というプラグインをご紹介しました。

このプラグインは、各記事ごとにサムネイル付きで関連記事を表示させてくれるプラグインですが、ぼくと同じようにWordPressでStingerをテーマにしてサイトを更新している人には是非おすすめします!

と言いますのも、Stinger3はデフォルトで関連記事が表示さるようになっていますが、関連記事の内容はタグなどで分類されたものではなく、ランダムに表示されてしまいます。

やはり、関連記事というからには、読んでいただいた記事に少しでも関連がある他の記事を並べておきたいですよね。

そうすることで、サイト全体の回遊率及び直帰率改善にも貢献できますし、その結果、PVの増加にも繋がっていくと思います。

スポンサーリンク

「WordPress Related Posts」の基本操作方法

スクリーンショット 2015-07-21 17.33.17

「WordPress Related Posts」をインストールしたら、

「設定」>「WordPress Related Posts」

から、設定を変更することができます。

 

関連記事エリア全体のタイトルや記事表示数の設定

スクリーンショット 2015-07-21 17.34.31

▲Basic settingsでは、関連記事エリア全体のタイトルと、関連記事表示数を設定することができます。

 

スクリーンショット 2015-07-04 6.57.04

▲ちなみに、ぼくの場合はこんな感じですね♪

記事数は15に設定していますので、実際には、さらに下にもう2列表示されています。

表示方法の設定

スクリーンショット 2015-07-21 17.35.25

▲Advanced settingでは、関連記事の表示方法の変更ができます。

具体的には、サムネイルの大きさ、文字数、記事の並び方などを、ある程度用意されたタイプの中から選んで変更することが可能です。

その他の機能

その他には、関連記事エリアには表示させないカテゴリーを選択したり、ヴィジェットにある『Related Posts』でサイドバーなどへの表示も可能です。

各記事ごとに、表示させる関連記事を選ぶ方法

スクリーンショット_2015-07-21_19_28_55

▲これは、記事公開後の実際の関連記事。

表示させたい関連記事を選んだり、表示順を変更する場合は、記事公開後の関連記事エリアにある「Edit Related Posts」から行います。

スクリーンショット_2015-07-21_19_32_04

▲「Edit Related Posts」をクリックすると、このような画面になります。

あとは、表示させたい関連記事をドラッグ&ドロップさせていき、最後に「Save and Close」をクリックするだけです。

一覧にある記事以外の関連記事を選びたい場合は、検索窓から探すこともできます。

管理人のひとこと

いかがでしょうか?

ぼくのブログは「WordPress Related Posts」を導入してからサイト内回遊率が上がり、PVも増加しました♪

よかったらお試しください^^

ではまた!

スポンサーリンク