次期iPhoneはUSB-C搭載か – 2020年にはAR機能強化

次期「iPhone」や「iPad」「iPad mini 5」の情報をBloombergが報じている。

同メディアによると、Appleは今秋、「iPhone XS」シリーズの後継機種や「iPhone XR」のアップデート版の発売を予定しており、これらの次期iPhoneにはLightningポートに代わりUSB-Cポートが搭載される模様。

さらに「iPhone XS Max」の後継機種には背面にトリプルレンズカメラが搭載され、翌年2020年のiPhoneにはレーザー駆動の3Dカメラ搭載によりAR(拡張現実)機能が強化される見込みだという。

また、今春にも発売が噂される低価格版の「9.7インチiPad(第7世代)」と「iPad mini 5」にはUSB-Cポートは搭載されず引き続きLightningポートが搭載される他、2020年の新型「iPad Pro」にもレーザー駆動の3Dカメラが搭載されるようだと報じられている。

レーザー駆動の3Dカメラでは奥行きが正確に認識可能となり、被写体までの距離は15フィート(4.5メートル)まで対応でき、現在Appleは開発に向けてSONYと交渉中とのこと。

[Source:Bloomberg]
[Photo:ConceptsiPhone]

Pocket


【最新記事の更新情報をお届けします】

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る