Apple、2019年度第1四半期の業績を発表

Appleが2019年度第1四半期(2018年10月〜12月)の業績を発表した。

発表によると、四半期売上高は843億ドルで前年同期比は5%減となり、iPhoneの売り上げは前年比で15%減少したことが明らかとなった。

とくに中国での売上高減少が顕著に現れており、同国での前年同期比はおよそ26%減と大幅にダウンしている。

iPhone以外の収益は増加

iPhoneの売り上げは米国を除く全ての地域で減少しているが、その他サービスからの総収益が19%増加し、サービス収入は過去最高の109億ドルに達している。

また、Macとウェアラブル&ホーム・アクセサリーからの売上がそれぞれ過去最高の9%と33%に達し、iPadからの売上も17%増加という結果となった。

なお、今回の業績発表から各製品の販売台数は非公開となっている。

さらに詳しい数字に興味がある方は英語ですが以下のプレスリリースをご覧ください。

Apple – newsroom

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る