スポンサーリンク

「AWA」のRADIOが作業中に心地いい。まるでお洒落なカフェに居るかのよう♪

どーも!定額音楽配信サービスを使い倒しまくっている最中の管理人つんじです。

今日は「AWA」のラジオモードのご紹介をさせてください。

と言いますのも、「AWA」のラジオモードを使って作業をしていると、仕事がはかどること、はかどること。

普段、自分が好きなアーティストばかりを聴きながら作業していると、どうしても熟知している曲ばかりなので、ちょっと口ずさんでみたり、リズムにのってみたりして、どこか作業に集中できていない感がありました。

でも、「AWA」のRADIOで流れる曲は、必ずしも自分が知っている曲とは限りませんし、むしろ知らない曲ばかり。

作業中BGMとしてすごく良いですし、まるでお洒落なカフェにでも居るかのような最高の環境を作れちゃうわけです。

 

スポンサーリンク

AWAのRADIO

GENRE STATION

スクリーンショット 2015-07-17 11.40.37

ここではジャンル別に、様々な音楽をノンストップで再生してくれます。

最近ぼくがよく聴いているのは、「GENRE STATION(ジャンルステーション)」の中にある「Pop」もしくは「Raggae」。

「Pop」では洋楽と邦楽の様々な曲を、絶妙のバランスで流してくれます。

ジャンルの数は、

Pop

Dance/Electronic

Animation/Vocaloid

Rock/Punk

Alternative

Hip Hop

R&B/Soul

Reggae/Dub

Jazz/Blues

Folk/Country

Classical

Soundtrack

2010’s

2000’s

1990’s

1980’s

1970’s

1960’s

と、こんな感じです。ほぼ全ジャンルを網羅してくれていますね。

Search Station

スクリーンショット 2015-07-17 11.40.07

ここでは、自分が好きな曲またはアーティストを選択することにより、より雰囲気が近い曲を流し続けてくれます。

やはり、知っている曲も多く流れるため、作業用BGMとしては上記の「GENRE STATION」の方がぼくは好きですが、ここでは明らかに自分が好きな雰囲気の曲が次々と流れてくるわけですから、次にどんな曲が流れるのかという期待感はハンパないです。

あまり考え込まなくても良い、単純作業のときは「Search Station」を使うのもアリかなと思います。

 

管理人のひとこと

ぼくの場合、どうしても好きなジャンルとかアーティストばかり聴いてしまいがちで、今までなかなか新しい音楽と出会う機会が少なかったように思います。

でも、「AWA」のRADIOでは思いがけない曲に出会うことが多くあって、新しい刺激を受けて楽しいです。

「AppleMusic」にもRadio機能がありますが、「AWA」もすごく良いですよ!

ではまた!

スポンサーリンク