「Google+」のサービス終了が2019年4月に前倒しへ

Googleは2019年8月にSNSサービス「Google+」の一般消費者向けサービスを終了することを発表していたが、その時期を繰り上げ、2019年4月に終了することを発表した。

繰り上げの理由は新しいバグが発見されたため。同社は今年10月に50万アカウントの個人データがバグにより流出する恐れがあったことを認め、3月にバグを修正しているが、11月に導入されたソフトウェアアップデートにもGoogle+ APIに影響するバグが含まれていたそうで、ユーザーの保護を確保するためにサービス終了時期を早めた模様。

なお、今回のバグでは約5250万人のユーザーの個人情報にサードパーティー製アプリの開発者がアクセスできる状態となっていたが、今のところアクセスされた形跡はないとのこと。

[Source:Google]

Pocket


【最新記事の更新情報をお届けします】

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る