おすすめのエアロバイク(室内自転車)を紹介!ダイエットに効果的!

ぼくがダイエットを始めてから2ヶ月半で体重を3kg以上減量できた要因の一つは、エアロバイク(室内用フィットネス自転車)を使った運動です。

【追記】7ヶ月間で8kgの減量に成功しました!

ブログをいつも読んでくださる方々はご存知の通り、ぼくは主にプロテインダイエットとエアロバイクダイエットを併行して行っていますが、エアロバイクは本当に効果的です。

【関連】意外と知らない「プロテイン」の種類と効能について。ダイエットにも効果的!

【関連】運動不足のひとにはエアロバイクがおすすめ!とくに在宅で仕事をするひと!

【関連】夜道は危険!夜にエクササイズしたいなら家でエアロバイクが一番いいと思う

ぼくが思うエアロバイクを使うことのメリットは以下のとおり。

エアロバイクダイエットのメリット

  • 天候に左右されず有酸素運動ができる
  • 自宅なので格好を気にしなくて良い(気が向いたらすぐ始められる)
  • ちょっとした空き時間に運動できる
  • テレビや音楽を楽しみながら運動できる
  • 紫外線に当たらなくて済む
  • 育児中でも赤ちゃんに目が行き届く場所で運動できる(最近のエアロバイクは割と静か)
  • 交通事故や犯罪に巻き込まれる危険がない
  • ジム代を節約できる
  • 負荷の調節や運動量の確認ができる
  • 新型コロナウイルスによる自粛期間中でも運動できる

と、こんな感じですね!いいことばかりですなぁ。

とくに最近は恐い事件とか多いですから、夜に一人でエクササイズするなら絶対自宅でやったほうがいいと思います。とくに女性の方。

「おすすめ & 使ってみたい」エアロバイク

気軽にエアロバイクデビューしてみるならまずはコレ!

▲これは今ぼくが使っているエアロバイクです。

メリット

折りたたみ式なので、ちょっとしたスペースに置けます。

エアロバイクの中では本体がかなり軽いほう(15kg)なので、女性でも移動ができます。

お値段がリーズナブルです。

デメリット

安価な分、故障が心配かも。(ちなみにぼくは4ヶ月以上使用していますが、まだ壊れてません)

負荷の調節ができますが、一番重くしても男性には物足りないかも。かなり強い負荷で漕ぎたいひとにはオススメできません。

 

デスクワークが多い人におすすめ!「小型フィットネスバイク」

▲これぞ、ながらエクササイズ!前から気になっていました。

メリット

仕事や読書をしながら運動できます。

机の下に置いたままなので収納場所に困りません。

特許取得済みの磁気抵抗システムを搭載し、小型でありながらスムーズで静かなムーブメントを実現しています。

デメリット

机や椅子の高さ、自分の足の長さを考慮して購入しなければ机に足が当たってしまいます。(ぼくはかなり低めのデスクを使ってるので、購入できませんでした)

それから、キャスター付きの椅子ではエクササイズ中に椅子が動いてしまう恐れがあります。

関連商品

 

PCでの作業が多いひとにおすすめ!「FitDesk」

▲こちらはPCでの作業が多い人におすすめです。

先ほどご紹介したデスクの下に置くタイプよりも値が張りますが、PCで作業しながらガッツリエクササイズしたい人はこちらの方がいいでしょう。

メリット

PCで作業をしながらエクササイズができます。(PC固定ベルト付き)

標準装備のアームバンドで、二の腕を鍛えながら使用することもできる。

背もたれが付いているので、読書をしながらでもバランスを崩しにくい。

デメリット

アメリカンサイズのため、小柄な女性は注意が必要です。

 

本格的に始めるならコレ!「コナミスポーツクラブ エアロバイク」

 ▲こちらは値が張りますが、機能、耐久性共に文句無しのエアロバイクです。

ガチで始める人向けですね。

メリット

KONAMIのエアロバイクなので安心です。

負荷の設定やカロリー消費量の表示はもちろん、おまかせのトレーニングメニュー(体力テスト、脈拍設定トレーニング、減量トレーニング、フリートレーニング)や家族4人分の個人データを記憶管理してくれる機能などがあり、本格的にエクササイズができます。

デメリット

かなりの重量(38,5kg)です。(一人で動かすのは無理)

折りたたみ式ではないため、常に置いておくためのスペースが必要です。

良い製品ですが、値段が高いです。

 

コスパ重視なら「Reebok(リーボック)」のエアロバイク

▲これはあの有名なReebokのエアロバイクです。ぼくは今使っているエアロバイクが故障したら次はこれにしようと思ってます。

メリット

電子制御式システムが搭載されていて負荷が32段階も調節できます。

また、心拍数の計測はもちろん、19種類のプログラムから時間や距離、消費カロリーなどの目標設定を変えることで自分のレベルに応じたトレーニングも可能となっています。

正直言うと、KONAMIのエアロバイクは値段が高すぎてなかなか手が出せませんが、これくらいなら頑張れば買えそうです。中級者向けといった感じですが、有名なスポーツメーカーなので安心ですし、デザインもかっこいいです。

デメリット

本体重量が約30.3kgあります。

折りたたみ式ではないため、常に置いておくためのスペースが必要です。

 

リーボックのエアロバイクについての詳細はこちらの記事が参考になります▼

Reebok(リーボック)GB50-19とGB50-18の違いや商品詳細・スペック

 

【余談】フローリングを傷めるのが心配な人はこれも一緒に揃えると良さそうですよ。↓

管理人のひとこと

エアロバイクもピンキリといった感じですね。

お試し気分で始めてみる方は最初に紹介した折りたたみ式でお手頃価格のエアロバイクが良いと思います。もし飽きたら折りたたんで見えない場所に収納できるので。笑

逆にしっかり続けていく自信のある方は最後に紹介したReebokのエアロバイクが個人的にはおすすめです。もちろん、予算に余裕がある方はKONAMIもおすすめです。

ということで、皆さんもエアロバイクダイエットをはじめてみませんか?

広告