新型iPad Proは折れ曲がりやすい?【検証動画】

今月発売された新型「iPad Pro」はベゼル幅がかなり狭くなり、厚みは5.9ミリと前世代より15%薄くなっているが、そのぶん折れ曲りに対する強度は落ちているのかもしれない。

MacRumorsによると新型iPad Proが折れ曲がったという報告は複数されているそうで、冒頭の画像は同メディアの読者がバックパックに入れて旅行に出かけた際に筐体が湾曲してしまった画像だという。

また、YouTubeチャンネル「JerryRigEverything」では新型iPad Proにカッターで傷を入れたり、ディスプレイにライターの火を近づけたり、筐体を折り曲げるテストを実施している。

動画は以下の通り。(折り曲げテストは6分27秒あたり)

動画を見る限りではそれほど強い力を加えているようには見えないが、それでも簡単に折れ曲がってしまう様子が報告されている。

ただし、現実的な使用状況を考えると動画のような力が加わることは考えにくく、現時点でそれほど広汎な問題とはなっていないとのことだが、同モデルを購入したユーザーはカバンなどに入れて持ち運ぶ際は注意しておいたほうが良いかもしれない。

[amazonjs asin=”B07K3QHV67″ locale=”JP” title=”Ztotop iPad Pro 11 ケース 極薄 3つ折りスタンド 強力磁石背面 オートスリープ機能 傷つけ防止 手帳型 2018秋発売のiPad Pro 11に対応 スマートカバー(ブラック)”][amazonjs asin=”B07K3MP151″ locale=”JP” title=”Ztotop iPad Pro 12.9 2018 ケース 極薄 3つ折りスタンド 強力磁石背面 オートスリープ機能 傷つけ防止 手帳型 2018秋発売の最新版iPad Pro 12.9に対応 スマートカバー(ブラック)”]

【関連記事】
Apple、iPad Proの曲がりは欠陥とみなさないと主張
Apple、新型iPad Proの400ミクロン以下の曲がりは仕様とするサポート記事を公開

広告