スポンサーリンク

iPhone XR、著名アナリストが出荷台数の予想を下方修正

Pocket

「iPhone XR」の出荷数を予想していた著名アナリストのMing-Chi Kuo氏が新たな調査レポートを公開している。

最新のレポートによると、2019年第1四半期のiPhone全体の出荷数が15〜20%引き下げられており、「iPhone 8」など旧式モデルの需要の高まりから減少の一部は相殺されるものの、当初予想していた5500〜6000万台という数字から4700〜5200万台に下方修正されている。

また「iPhone XR」に関しては、中国市場の貿易戦争における悪影響や、より手頃な価格で提供して欲しいというユーザーの期待、Huawei Mate 20シリーズとの競争を理由に 2018年第4四半期から2019年第3四半期までの出荷予想を1億台から7000万台に削減したとのこと。

先日は日本経済新聞が「iPhone XR」の増産中止を報じていたが、やはり「iPhone XR」の販売台数はAppleが見込んでいた数字を大幅に下回っているものと予想される。

[via:MacRumors]


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る