スポンサーリンク

au、4年縛りを見直しへ – プログラム再加入の条件を廃止

au
Pocket

KDDI(au)が4年縛りの見直しを行い、「アップグレードプログラムEX」および「アップグレードプログラム」の内容改定を発表している。

「アップグレードプログラムEX」とは、48回の分割払いで機種を購入した場合、24ヶ月間利用後に新たな機種に変更した際、それまで利用していたスマホの分割支払金残額相当分(最大24ヶ月分)の支払いが不要になるプログラムだが、今回の改定ではこのプログラムに加入するための条件として定められていた「機種変更後のプログラム再加入」が撤廃されることとなった。

また、「アップグレードプログラム」とは機種代金を24回の分割払いで購入した場合、12ヶ月間利用後に新たな機種に変更した際、それまで利用していた端末の分割支払金残額の一部(最大7ヶ月分)が実質無料となるプログラムだが、こちらについても「機種変更後のプログラム再加入」の撤廃が発表されている。

4年契約による「再加入」の項目については以前から公正取引委員会が利用者の選択権を奪うと指摘しており、KDDIは2019年1月16日からプログラム再加入の撤廃を実施するとのこと。

なお、ソフトバンクは一足先の2018年11月16日からプログラム再加入を撤廃することを発表している。

source:KDDI


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る