スポンサーリンク

iOSアプリとMacアプリがApp Storeのアフィリエイトプログラムから除外へ

本日8月2日、Appleが「App Store アフィリエイトプログラム」の変更を発表した。

その内容は、iOSアプリとMacアプリがアフィリエイトプログラムの報酬対象から除外されるというもの。正式に報酬が対象外になるのは2018年10月1日以降からとなる。

アプリにおける報酬除外の理由についてAppleは “新しい iOSとmacOSのApp Storeの開始により、Appの見つけやすさが一段と向上したため” としている。

ちなみに音楽、映画、ブックなど、その他の全てのコンテンツは引き続きプログラムの対象になるとのこと。

Appleとしてはアプリの集客を外部に頼る必要はなくなったという判断なのだろうか。これまでアプリの売り上げによるApp Storeからの報酬をメインに運営していたメディアなどはビジネスモデル見直しの必要に迫られるだろう。

App Store アフィリエイトプログラムの変更について

App Storeのアフィリエイトプログラムにご参加いただきありがとうございます。新しいiOSとmacOSのApp Storeの開始により、Appの見つけやすさが一段と向上しました。これに伴いまして、Appがアフィリエイトプログラムの対象から除外されることになりました。2018年10月1日以降、iOSとMacのAppとApp内コンテンツは、アフィリエイトプログラムの報酬対象外となります。音楽、映画、ブックなど、その他の全てのコンテンツは、引き続きプログラムの対象です。

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る