スポンサーリンク

秋に発売される「iPhone X Plus」や低価格液晶モデルiPhoneのダミーユニット

 Appleは今年の秋に「iPhone X」の後継機となる5.8インチの iPhoneと、6.5インチの「iPhone X Plus(仮称)」、そしてディスプレイが液晶タイプとなり価格が抑えられた6.1インチの iPhoneを発売すると見られているが、そのうち「iPhone X Plus」と6.1インチモデルのダミーユニットが公開されている。

ダミーユニットを公開したのは iPhoneや iPadのリーク情報を提供するBenjamin Geskin氏。

ダミーユニットは通常、中国のサプライチェーンから調達された設計図に基づいて制作されているそうで、6.1インチモデルは低コストにするためシングルカメラが搭載されていたり「iPhone X Plus」には「iPhone X」のような縦配列のディアルレンズカメラが搭載されるなど、これまでに報じられてきた情報や噂に適合したものとなっている。

また、次期 iPhone Xのカラーラインナップについてはブラック、ホワイト、ゴールドの3パターンになるとMing-Chi Kuo氏が予想しているが、6.1インチモデルに関してはレッド、ブルー、オレンジ、グレー、ホワイトなどの様々なカラーがラインナップされる可能性も報じられている。

【関連】2018年発売のiPhone液晶モデルはブルー、イエロー、ピンクなどの色を展開か

なお、価格は6.1インチ液晶ディスプレイモデルが700ドル〜800ドル、「iPhone X」の後継機となる5.8インチの iPhoneが899ドル、6.5インチの「iPhone X Plus」が999ドル程度になるのではないかと予想されている。

[via:MacRumors]

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る