スポンサーリンク

au、4年縛りを見直しへ – 機種変更時の4年契約撤廃を検討

au

au(KDDI)が4年縛りを見直す方針を固めた模様。

日本経済新聞によると、同社は4年縛りの仕組みのうち、2年後の機種変更時に再び4年契約を結び直さなければならない「再加入」の項目について撤廃を検討しているようで、公正取引委員会から利用者の選択権を奪うと指摘されたことに対応する考えを示しているようだ。

4年縛りプランとは、スマホ代を4年間の分割払いにし、2年後に新たなスマホへ機種変更すれば残り2年間の残債が免除されるという仕組み。ただし、機種変更時に再び4年契約を結ばなければならないため「消費者の契約変更を断念させることで選択権を事実上奪う」として公正取引委員会から独占禁止法違反に抵触する恐れを指摘されていた。

なお、同じく4年縛りのプランを提供するソフトバンクも「お客様のニーズに応じて満足いただけるサービスを検討する」としており、auのように「再加入」の項目について撤廃を検討していくものと思われる。

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る