スポンサーリンク

「iOS 12」ではソフトウェアアップデートの自動更新が可能に?

本日「WWDC 2018」の基調講演にて正式発表された「iOS 12」ではソフトウェアアップデートの自動更新が可能になるかもしれない。

9to5Macによると、開発者向けに提供されている「iOS 12」のベータ版から同機能が明らかとなったそうで、「設定」アプリを開いて「一般」を選択し、「ソフトウェアの更新」を選択すると「自動更新」のオンオフが選べるようになっているようだ。こちらをオンにするとソフトウェアのアップデートがリリースされた際に自動的に適用されるようになっている。

ちなみにmacOSでは自動アップデート機能がすでに搭載されていて、電源をつないだままの状態にしておけば最新OSがリリースされた際に自動的にアップデートが実行されるようになっている。(「システム環境設定」>「App Store」から設定可能)

そのため、iPhoneやiPadも自動的にアップデートするためには電源に接続しておく必要があるものと思われる。

なお、ベータ版の新機能は正式リリース時に削除されることがある。そのため、自動更新機能が「iOS 12」で本当に搭載されるかどうかは分からない。

【関連】Apple、「iOS 12」「macOS Mojave(モハーベ)」を正式発表 – 新機能など

via:photo:9to5Mac

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る