スポンサーリンク

LINE Pay、ポイント還元率が相対的に決定する「マイカラー」制度を6月1日から開始

LINE Pay株式会社は29日、LINE上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」において、2018年6月1日(金)より、新たなインセンティブプログラム「マイカラー」制度を開始することを発表した。

「マイカラー」プログラムは、よりアクティブに「LINE Pay」のサービスを利用するユーザーに、より多くのインセンティブを還元するプログラム。

「LINE Pay」メイン画面内にはサービスの利用度合いによって4色(グリーン、ブルー、レッド、ホワイト)のバッジのうちいずれかが表示され、それぞれの色に基づいたインセンティブが付与される仕組みとなっている。

スポンサーリンク

バッジカラーとインセンティブ

それぞれのバッジのインセンティブは以下の通り。

グリーン:LINEポイント2%(100円につき2ポイント)
ブルー:LINEポイント1%(100円につき1ポイント)
レッド:LINEポイント0.5%(100円につき0.5ポイント)
ホワイト:LINEポイント0%

※特典として付与される「LINEポイント」は月間の合計決済金額10万円(税込)が上限

 

バッジカラーは、前月20日までの「LINE Pay」ユーザー全体と、オフライン店舗での個人のQR/バーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、送金機能などの利用状況を集計したのち、相対的に判定・決定され、決定した当月のバッジカラーは毎月1日に更新されるとのこと。

ネット上では、これまで2%還元されていたポイントが減ってしまう可能性がある点やバッジカラーの決定方法が不透明な点、さらにポイント付与の対象となる決済上限金額が10万円しかない点などから不満の声も上がっている。

筆者もLINE Payの利用者だが、いくら使えばどの色のバッジが付与されるのか翌月1日になるまでハッキリ分からないのは使いづらいかもしれない。オフライン店舗でのQR/バーコード支払いなどポイントが還元される支払いの種類が増える点は有難いのだが、バッジを付与する基準を不透明にすると“LINE側の裁量で決定しているのではないか”といった疑念の声が上がるのも無理はない気がする。

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る