Apple、「WWDC 2018」の基調講演を日本時間6月5日深夜2時から開催 – ライブ配信も実施

Appleは2018年6月4日〜6月8日の期間に開発者向けイベント「WWDC 2018」を開催予定だが、基調講演の開催日時が発表されている。

気になる基調講演の日時は現地時間6月4日午前10時から。日本時間では6月5日の深夜2時からとなっている。

基調講演の様子はライブ配信されることがアナウンスされており、視聴するには iOS 10以降のSafariを搭載したiPhone、iPadまたはiPod touch、MacOS Sierra 10.12以降でSafariを使用しているMac、Windows10のMicrosoft Edgeを搭載したPC、最新のApple TVソフトウェアまたはtvOSが動作するApple TV(2世代以降)、ChromeまたはFirefox(要MSE、H.264、AACが)が必要となる。

また、基調講演で発表される内容は不明だが、例年通りであれば「iOS 12」や「macOS 10.14」など最新のOSの発表が行われるものと思われる。それに加え昨年は「10.5インチ型iPad Pro」や「iMac 2017」「iMac Pro」「MacBook 2017」「MacBook Pro 2017」、スマートスピーカー「HomePod」といったハードウェアも同時に発表されており、今年も何かしらのハードウェアの発表があるかもしれない。

WWDC 2018公式サイト

Pocket


【最新記事の更新情報をお届けします】

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る