スポンサーリンク

2019年発売のiPhoneは背面にトリプルカメラ搭載か

「iPhone Ⅹ」や「iPhone 8 Plus」「iPhone 7 Plus」のリアカメラは2つのレンズが搭載されたデュアルレンズカメラとなっており、光学2倍ズームや最大10倍のデジタルズームが可能となっているが、2019年発売のiPhoneは3つのレンズが搭載されたトリプルレンズカメラになるかもしれない。

TAIPEI TIMESによると、Yuanta証券のアナリストであるJeff Pu氏の情報として来年発売の iPhoneのうち少なくとも1つにトリプルカメラが搭載される可能性があると伝えられている。

トリプルカメラ搭載の噂は以前にも台湾の経済日報で報じられており、その記事では6枚レンズで最大5倍の光学ズームが可能になると伝えられていた。

ちなみに、Huaweiの新型スマートフォン『P20 Pro』には「40メガピクセルのレンズ」「20メガピクセルのモノクロームレンズ」「3倍の光学ズームを備えた8メガピクセルの望遠レンズ」を含むトリプルレンズリアカメラシステムが採用されている。これに続いてAppleも来年発売の iPhoneにトリプルカメラを採用するのか注目が集まる。

[source:MacRumors]
[photo:iDROP NEWS]

【関連】2019年のiPhoneはトリプルレンズカメラを搭載か(2018/5/29)

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る