スポンサーリンク

iOSアプリはアップデートの際も「iPhone Ⅹ」の画面対応が必須条件に

 Appleがデベロッパー向けサイトのニュースを更新し、今後のアプリケーションのアップデート要件を案内している。

それによると、今後App Storeに提出されるすべての iOSアプリはアップデートの際に「iPhone X」のSuper Retinaディスプレイをサポートしなければならず、「iOS 11 SDK」を使用して構築する必要があるとのこと。

ちなみに、新規アプリについては今年2月に同じ要件での開発が案内されており、4月から適用が始まっている。

なお、アップデートの要件が適用されるのは2018年7月からとのことなので、アプリ開発者の方は早めの対応を。

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る