スポンサーリンク

Appleのスマートスピーカー「HomePod」は日本の技適を取得していた

 Appleのスマートスピーカー「HomePod」は日本の技適を取得している模様。

技適(技術基準適合証明)は、その製品が電波法令で定めている技術基準に適合している無線機であることを証明するもの。技適を通過した証(技適マーク)が付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があるのだが、 Appleはすでに「HomePod」の技適を取得しているようだ。

ただし、Macお宝鑑定団Blogによると総務省の電波利用ホームページでは工事設計認証をした年月日が平成30年2月6日となっているそうで、「iPhone 8」や「iPhone Ⅹ」の例からするとAppleはアメリカ、イギリス、オーストラリアで「HomePod」を発売した翌月には日本でも発売する予定だったが中止されたものと考えられるとのこと。

なお、「HomePod」は現在アメリカ、イギリス、オーストラリアでのみ販売中。この春、フランスとドイツでも発売される予定であることが明らかとなっているが、日本での発売時期は不明となっている。

【関連】HomePod、日本での発売は2019年以降か

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る