スポンサーリンク

Apple、「iOS 11」のシェア率を公開 – 4月22日時点で76%

 Appleがデベロッパー向けサポートページで「iOS 11」のシェア率を公開している。

公開された円グラフによると、「iOS 11」のシェア率は2018年4月22日の時点で76%、「iOS 10」のシェア率は19%、その他のバージョンは5%で推移していることが明らかとなった。

1月18日の時点で「iOS 11」のシェア率は65%だったため、およそ3ヶ月で11%増加する結果となっているが、「iOS 10」は2017年2月の段階でおよそ80%だったため「iOS 11」は「iOS 10」よりも遅いペースの普及となっている。

ちなみに、記事執筆時に配布されているiOSの最新バージョンは「iOS 11.3.1」となっている。

「iOS 11.3.1」ではiPhoneまたはiPadのセキュリティが改善された他、非正規品の画面に修理交換された「iPhone 8」がタッチ操作に反応しなくなる問題に対応している。

最新バージョンにアップデートする方は「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」からどうぞ。

[via:MacRumors]

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る