スポンサーリンク

MVNO(格安SIM)のメイン利用者が10%超え – 利用率トップは楽天モバイル

iPhone SIM

MMD研究所が2018年2月16日~2月22日の期間で「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施している。結果は以下の通り。

スポンサーリンク

「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」〜MMD研究所調べ

▲MVNO(格安SIM)をメインで利用している人は全体の10.1%。

ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile」と合わせると13.9%で前年の調査結果よりも3.1ポイント増加している。

 

▲認知度の調査では「格安SIMという言葉は聞いたことがあるが、サービス名称・内容はよく知らない」と答えた人が30.5%と最多、「だいたいどんなものかわかるが、利用したことはない(利用を検討するまでに至っていない)」が23.2%という結果となっている。

 

▲メインで利用している格安SIMサービスの調査では、1位が「楽天モバイル」、2位が「mineo」、3位が「OCN モバイル ONE」となった。

 

▲メインで利用している格安SIMを挿しているデバイスの調査では、Androidのスマートフォンが54.5%、iPhoneが32.8%となっている。iPhoneに関しては昨年3月の調査より7.9ポイント増加している模様。

 

▲格安SIMを挿しているデバイス別に利用している格安SIMサービスを調査した結果では、Androidの場合は1位が「楽天モバイル」、iPhoneの場合は1位が「mineo」という結果となっている。

また、Androidのタブレットの場合は1位が「OCN モバイル ONE」、iPadの場合は「IIJmio」という結果となった。

 

その他の調査結果も見たい方はMMD研究所のホームページをご覧ください。

 

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る