スポンサーリンク

LINE Pay、通販や公共料金の請求書のバーコードを読み込むだけで支払いが可能に

Pocket

本日3月6日、LINE Pay株式会社は「LINE」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」において、公共料金や通信販売などの請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」のサービスを開始したことを発表した。

これにより、店頭に請求書を持参してレジで現金を支払う必要がなくなり、「LINE Pay」の残高をチャージしておけばバーコードを読み込むだけでどこからでも簡単に支払いが可能となる。

なお、記事執筆時点では「東京電力エナジーパートナー株式会社」の請求書への対応が開始されており、4月上旬から「株式会社電算システム」、5月以降順次、「SMBCファイナンスサービス株式会社」「三菱UFJファクター株式会社」の対応開始を予定しているとのこと。

利用方法は以下の通り。




「LINE Pay 請求書支払い」の使い方

1)LINEアプリからLINE Payを開き、[請求書支払い]をタップ
2)案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
3)お手元の請求書のバーコードを読み取る
4)画面上に表示されたご請求内容を確認する
5)支払いを行う
6)パスワードを入力する
7)支払い完了!完了時点でLINEアプリにお支払い完了のメッセージが届きます。

source:ニュースリリース , LINE公式ブログ

 


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る