3月に新型iPadが発売されるかも!?3万円台の格安iPadの可能性

3月に「新型iPad」が発売される可能性が高くなってきた模様。

9to5Macによると、Appleは今週はじめにユーラシア経済委員会に新しいデバイスを2つ登録しているそうで、その2つは「iOS 11」が動作するタブレットとして申請されているそうだ。(識別番号は「A1954」「A1893」)

ユーラシア経済委員会では暗号化されたデバイスをリリースする際は事前に登録することが必要とされており、以前にも「iPhone 7」や「MacBook」「iPad Pro」などのリリース情報が同機関から明らかとなっていることから、今回の情報の信憑性は高いものと思われる。

3万円台の格安iPadが発売か

「新型iPad」と言えば昨年12月に、およそ3万円で購入できる低価格な9.7インチ型 iPad(エントリーモデル)の発売が計画されているのではないかとの噂が報じられていた。

【関連】Apple、約3万円の低価格な9.7インチ型 iPadを計画中か(2017/12/04)

Face IDを搭載した「新型iPad Pro」の登場も噂されているが、そちらは2018年後半に発売されると予想されるため、今回ユーラシア経済委員会に申請された「新型iPad」はホームボタンを搭載した指紋認証型のiPadになるものと考えられる。

なお、発表イベントに関しては、今回の件を報じたConsomacは来月開催されると予想しているが、9to5Macはプレスリリースのみの発表になるのではないかと予測しているとのこと。

via:Consomac , 9to5Mac

広告