スポンサーリンク

毎月同じ請求書を作るならMisocaの定期請求機能が便利

クライアントとの契約によっては毎月同じ金額の請求書を作成することがあると思います。

そんなときは、無料で請求書・見積書の作成ができるMisoca(みそか) の定期請求機能が便利ですよ。

スポンサーリンク

定期請求機能の詳細

スクリーンショット_2015-06-13_12_54_08

▲定期請求書は、請求書一覧画面から「定期請求書」をクリックし、「定期請求書の新規作成」から作成します。

※ここから先の詳しい作成方法はコチラ

 

Misocaの定期請求機能とは、毎月、もしくは毎年など、繰り返して発行する同じ請求書の自動作成を予約する機能です。

請求書番号は作成された月日にあわせて自動で付番されます。

また、請求日や明細の「○月分」と入れてある数字も自動で変更してくれます。

当然ですが、自動で作成された請求書が相手先に勝手に送信されることはありませんので安心して利用できます。

管理人のひとこと

たしかぼくがMisocaを使い始めたときは定期請求機能なんてなかったと思います。

無料サービスなのに、頻繁に嬉しいアップグレードをしてくれて使いやすさも抜群のMisoca。

Misoca自体をまだ使ってない会社やフリーランサーさんには絶対オススメのWebサービスです。業務が効率的になりますよ♩

ではまた!

【追記:2017/4/24】
2017年4月24日、Misocaより料金体系の変更が発表され、5月1日より請求書の無料作成枚数が月間5通までに変更となります。(見積書・納品書作成は無制限のまま)

また、請求書の郵送サービスも無料プランでは利用できなくなります。

Misoca

すでにMisocaを利用中のユーザーには2017年6月1日(木)以降、Misocaアプリ(Web版)にログインした時に移行の申し込みを案内するメッセージが表示され、既存のデータを引き継ぐことが出来ます。(移行期間は2017年6月1日から8月31日)

なお、Misocaを継続して使うには弥生株式会社の弥生IDが必要になるとのことです。

新料金プランなど、詳しくは公式ページをご覧ください。

▶︎クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか) 

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク