docomo、新たなスマホ決済サービス「d払い」を提供開始へ

NTTドコモは17日、スマートフォンを使って、街での買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払え、さらに「dポイント」がたまる・使える新たなスマホ決済サービス「d払い」の提供を 2018年4月より開始することを発表した。

「d払い」は、d払いアプリの画面上に表示したバーコードやQRコードを、d払い加盟店のPOSレジや決済端末で読み取ることで、キャッシュレスで買い物をすることができるスマホ決済サービス。

料金の支払い方法として、毎月の携帯電話料金と合せて支払う電話料金合算払い、クレジットカード払いに加え「dポイント」を1ポイント1円(税込)として利用することも可能。また、支払い金額に応じて200円(税込)につき1ポイント、「dポイント」を貯めることができる。

「d払い」は、現在10社計1万9千店舗での取扱いを予定しているそうで、ドコモは早期に10万店舗以上の展開を目指すとしている。

なお、同サービスを利用するにあたっての申込みや月額料金は不要。d払いアプリをダウンロードし、スマートフォンへインストールした後、簡単な初期設定(パスワードによる認証など)を行うことで利用可能になるとのこと。

新たなスマホ決済サービス「d払い」を提供開始

広告