Apple、iPhoneのバッテリー劣化による速度低下をオフにできる新機能を提供へ

Appleが「iOS 11」の次期アップデートでiPhoneのバッテリー劣化による性能低下をオフにできる機能を提供する予定だと報じられている。

TheVergeによると、この事実はAppleのCEOであるTim Cook氏本人がABCニュースとのインタビューで明らかにしたそうで、まずは2月上旬にベータ版をリリースし、3月に一般公開を予定しているとのこと。

ただし、バッテリーの経年劣化による性能低下はiPhoneが突然シャットダウンしてしまう問題を改善するために追加された機能であり、それをオフにすれば性能はある程度復活しても電源落ちの心配がつきまとうことになる。

ユーザーにどちらかを選択する余地を与えるという意味では必要な機能だが、バッテリーが弱っているiPhoneをより快適に使うためには、やはりバッテリーを新品に交換することが最善の方法となることに変わりはない。

なお、バッテリーの交換費用は今年12月まで3,200円に減額して提供されている。

【関連記事】
古いiPhoneの動作が重くなる原因はバッテリーの劣化?(2017/12/12)
Appleがバッテリー劣化でiPhoneの動作速度が遅くなる問題に対しコメント(2017/12/21)
Apple、iPhoneのバッテリー劣化で意図的に性能を低下させた問題について謝罪。バッテリー交換費用減額へ(2017/12/29)
Apple、日本も旧iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ(2017/12/31)
Apple、iPhone 6以降のバッテリー交換費用減額を日本でも対応開始(2018/01/05)
バッテリー劣化による速度低下はiPadなどiPhone以外のApple製品には適用されない(2018/01/07)
iPhone 6 Plusの減額バッテリー交換、在庫不足で3月から4月まで遅れる可能性(2018/01/12)

広告