スポンサーリンク

iPhone 6 Plusの減額バッテリー交換、在庫不足で3月から4月まで遅れる可能性

Appleはバッテリー劣化によるiPhoneの性能低下問題で、今年12月まで「iPhone 6」以降のバッテリー交換を1回に限り減額して提供中だが、現在「iPhone 6 Plus」のバッテリーの在庫が不足していると報じられている。

MacRumorsによると、アメリカやその他地域での「iPhone 6 Plus」のバッテリー交換は3月下旬から4月上旬まで待つ必要があるとのことで、これから「iPhone 6 Plus」のバッテリー交換を予定している方はすぐに交換できない可能性がある。

なお、「iPhone 6」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」など他のモデルには遅れはない状況とのことだが、今後はこれらのモデルも「iPhone 6 Plus」のように在庫が不足する可能性が考えられるため、早め交換を希望する方は少し急いだほうが良いのかもしれない。

【関連記事】
古いiPhoneの動作が重くなる原因はバッテリーの劣化?(2017/12/12)
Appleがバッテリー劣化でiPhoneの動作速度が遅くなる問題に対しコメント(2017/12/21)
Apple、iPhoneのバッテリー劣化で意図的に性能を低下させた問題について謝罪。バッテリー交換費用減額へ(2017/12/29)
Apple、日本も旧iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ(2017/12/31)
Apple、iPhone 6以降のバッテリー交換費用減額を日本でも対応開始(2018/01/05)
バッテリー劣化による速度低下はiPadなどiPhone以外のApple製品には適用されない(2018/01/07)

スポンサーリンク

[Follow me] 記事の更新情報をお届けします!!

▶︎公式Twitter ▶︎個人Twitter ▶︎Facebook ▶︎feedly ▶︎Push7でプッシュ通知を受け取る