スポンサーリンク

バッテリー劣化による速度低下はiPadなどiPhone以外のApple製品には適用されない

先日、「iPhone 6/6 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone SE」(現在はiPhone 7/7 Plusも含む)のバッテリーが劣化すると性能が低下することが明らかとなったが、そのことについて説明しているAppleの公式サポートページが更新され、iPhone以外のApple製品にはバッテリー劣化による性能低下は適用されないことが明記されている。

機能の唯一の目的は、突然のシャットダウンを防ぐことにより、現在お使いいただいている iPhone をさらに長くお使いいただけるようにすることにあります。なお、この電源管理機能は iPhone 固有のもので、他の Apple 製品には適用されません。

スポンサーリンク

Appleはバッテリー交換費用を減額して対応

Appleはバッテリーが劣化してiPhoneが突如シャットダウンしてしまうのを防ぐ目的で iOS 10.2.1 (2017 年 1 月リリース)から機能改善を盛り込んでいた。

しかし、機能を追加したことをユーザーに知らせていなかったことで、Appleが新しいiPhoneの購入を促進する意図があったのではないかという不信感を招く結果となり、そのことについてAppleは謝罪文を公開したものの現在複数の訴訟が提訴されている。

なお、今回の問題を受けてAppleは2018年初めにリリースされるiOSアップデートにより、iPhoneのバッテリーの状態を詳細に表示できる新しい機能を提供することを発表した他、2018年12月までの間バッテリー交換費用を8,800円から3,200円に減額して提供している。(減額は「iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」でも適用可能

【関連記事】
古いiPhoneの動作が重くなる原因はバッテリーの劣化?(2017/12/12)
Appleがバッテリー劣化でiPhoneの動作速度が遅くなる問題に対しコメント(2017/12/21)
Apple、iPhoneのバッテリー劣化で意図的に性能を低下させた問題について謝罪。バッテリー交換費用減額へ(2017/12/29)
Apple、日本も旧iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ(2017/12/31)
Apple、iPhone 6以降のバッテリー交換費用減額を日本でも対応開始(2018/01/05)

スポンサーリンク

[Follow me] 記事の更新情報をお届けします!!

▶︎公式Twitter ▶︎個人Twitter ▶︎Facebook ▶︎feedly ▶︎Push7でプッシュ通知を受け取る