スポンサーリンク

Apple、iPhone 6以降のバッテリー交換費用減額を日本でも対応開始

iphone6

Appleは旧iPhoneのバッテリー劣化による速度低下問題に対してバッテリー交換費用を減額することを発表し、米Appleでは予定していた1月下旬よりも早く対応が開始されていたが、日本でもすでに対応が開始されている模様。

Macお宝鑑定団Blogによると、iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xを対象に国内で提供が開始されているそうで、iPhone本体保証およびAppleCare+による延長保証期間内であれば無償交換となり、そうでない場合は通常価格より5,600円値下げされた3,200円(税抜)で有償交換となる。

なお、通常通りバッテリーの診断は実施されるものの、今回の対応はバッテリーの状態に関係なく対象モデルを所持する全てのユーザーが交換対象になるようだ。

減額対応は2018年12月まで実施される予定なので、交換を希望される方はApple Store直営店か、Appleの正規サービスプロバイダに予約の上、対応期間内にご利用ください。

【関連記事】
古いiPhoneの動作が重くなる原因はバッテリーの劣化?(2017/12/12)
Appleがバッテリー劣化でiPhoneの動作速度が遅くなる問題に対しコメント(2017/12/21)
Apple、iPhoneのバッテリー劣化で意図的に性能を低下させた問題について謝罪。バッテリー交換費用減額へ(2017/12/29)
Apple、日本も旧iPhoneのバッテリー交換費用を3200円に値下げ(2017/12/31)
Apple、バッテリー交換の減額措置まえに有償で保証対象外バッテリー交換をしたユーザーに対し一部料金の返金を発表(2018/5/24)

Pocket


[Follow me!!] 記事の更新情報をお届けします

公式Twitter個人TwitterFacebookfeedlyPush7でプッシュ通知を受け取る