スポンサーリンク

Appleがバッテリー劣化でiPhoneの動作速度が遅くなる問題に対しコメント

先日から話題となっていた「バッテリーの劣化でiPhone 6sの動作速度が遅くなる問題」についてAppleが正式にコメントしている。

Appleのコメントは以下の通り。

私たちの目標は、全体的なパフォーマンスとデバイスの寿命を延ばすなど、お客様に最高の体験を提供することです。リチウムイオンバッテリーは、寒い環境や古くなった際にピーク電流が流れにくくなり、電子部品を保護するためにデバイスが予期しないシャットダウンをする可能性があります。 

昨年、私たちは突発的な電流でiPhone 6、iPhone 6s、iPhone SEが予期せずシャットダウンするのを防ぐための機能をリリースしました。私たちは今、iOS 11.2を搭載したiPhone 7にもその機能を拡張し、今後は他の製品にも追加する予定です。

要するに、Appleはバッテリーが低下したiPhoneが予期せずシャットダウンしないようにする為に動作速度を落としているというわけだ。そうすることによってバッテリーのさらなる劣化も抑えられる。

しかしながら、それならそうと早めに教えて欲しかったとは思わないだろうか。中にはiPhoneのパフォーマンスが低下した原因は旧機種の性能のせいだと思い込んで新しいiPhoneに機種変更した人も多いことだろう。Appleが新しいiPhoneへの買い替えを促進するためにiOSのアップデートで意図的に旧機種の性能を下げているという噂が流れても仕方がないように思えてくる。

もちろん、パフォーマンス低下の原因が必ずしもバッテリーの劣化とは言い切れないが、その可能性もあるということを今後は念頭に置いておく必要があるだろう。

ちなみに、バッテリーの交換はAppleCare+に加入の場合は2年間無料となり、保証期間外の場合は8,800円となっている。

自分がAppleCare+に加入しているかどうかはApple公式サイトの「保証状況の確認」から確認可能。確認する場合は先にiPhoneで「設定」>「一般」>「情報」と進み、シリアル番号をコピーしておけばスムーズにできる。

これで改善されるという保証はないが、旧機種の動作速度が遅いと感じている方はバッテリー交換を検討してみてはいかがでしょうか。

【追記】Apple、iPhoneのバッテリー劣化で意図的に性能を低下させた問題について謝罪。バッテリー交換費用減額へ(2017/12/29)

via:TechCrunch

スポンサーリンク

[Follow me] 記事の更新情報をお届けします!!

▶︎公式Twitter ▶︎個人Twitter ▶︎Facebook ▶︎feedly ▶︎Push7でプッシュ通知を受け取る