スポンサーリンク

筋肉痛のときに筋力トレーニングはしてもいいのか?答えはケースバイケースだった!

先日からダイエットの内容に「体幹トレーニング」を取り入れている管理人のつんじです。

ちなみに、体幹トレーニングの方法は「体幹力を上げるコアトレーニング」という本を参考に行っています。

さて、先日のエントリーでも体幹トレーニングを始めることを意気揚々と発表させていただいたわけですが、実はまだ一回しかやってません……。

なぜかと申しますと、たったの1回で腹筋が酷い筋肉痛になったからです。

ほんとこの筋肉痛の感じ、高校生のとき以来。

起き上がるのも横になるのも、正直ヤバいです。 (それなのに、芸人の出川さんがTVで面白すぎて違う意味でも腹筋崩壊中です。出川さん最高っす!笑)

前置きはこれくらいにして、今回は筋肉痛時にさらに筋トレをしてもいいのかという自分自身の疑問を、ここに備忘録として残しておきたいと思います。

どうぞお付き合いください。  

スポンサーリンク

どうやって筋肉痛になったのかがポイント

筋肉痛時の筋トレですが、これは「どうやって筋肉痛になったか」によって、してもいい場合としないほうがいい場合に分かれます。

筋力トレーニングの場合

9bf3a52800cfc6f933a418d76f94c6e6_s

まずは筋トレによって筋肉痛になった場合ですが、筋肉痛になっている部位の筋トレは避けたほうが良いです。

筋肉の細胞が破壊された状態である筋肉痛時に、更にトレーニングを行うと筋肉の修復が遅れて筋肉が発達しなくなるため逆効果になるようです。

このケースの場合、同じ部位の筋トレは2、3日間空けた方が良いでしょう。

休養もトレーニングのうちだというわけですね!  

ジョギング、ウォーキング等の有酸素運動の場合

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

ジョギング等の有酸素運動で筋肉痛になった場合は、筋肉痛時でも更に有酸素運動を続けても良いようです。

その理由は、有酸素運動による筋肉痛は筋トレのときよりも筋肉の損傷が少なく、回復が早いと考えられるためです。

ただし、激しい有酸素運動をして筋トレ時のような酷い筋肉痛を感じるときは少し休養をとるほうが良いとぼくは思います。  

管理人のひとこと

ぼくの学生時代はまだ根性論的な名残が強くて、部活で監督に「酷い筋肉痛です。」というと、「よし!もっとやれ!」という感じの指導を受けたような記憶があります。

水分補給も、監督やキャプテンからの休憩の合図が出るまではできませんでしたしね。

ついでに、「声出し」なんてのもよくやらされたなぁ。

「やらされていると思うな!」ってよく監督に言われてたんですが、正直、やらされているとしか思えませんでしたよね。(笑)

まぁ昔の笑い話なんですが、本当よくやってたなぁ〜と自画自賛したい気持ちになります。(笑)

でも、「やらされていると思うな!」という言葉の意味は今ではよくわかります。

やらされると思うより自主的にやっていると思うことができれば、モチベーションが上がって効果が高くなりますからね。

筋トレもダイエットもモチベーションを高く保って継続し、正しいやり方で結果を出しましょう!

ではまた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク