スポンサーリンク

iPhone Ⅹの解体写真。バッテリーはL字型で2,716mAh

iFixitが「iPhone Ⅹ」を分解した写真を公開している。

「iPhone Ⅹ」を分解した写真は台湾の「AppleCorner維修中心」にも公開されているが、iFixitによると、バッテリー容量は2,716mAhとなり「iPhone 8 Plus」の容量(2,691mAh)を上回っているようだ。

「iPhone Ⅹ」はロジックボードを2層式に重ねて配置することで空いたスペースにバッテリーが2基搭載され、形状はL字型となっている。

2層に重ねられたロジックボードの面積は「iPhone 8 Plus」のロジックボードの約70%と省スペース化されているが、2層を分割した場合の面積は135%になるとのこと。

また、iFixitは「iPhone Ⅹ」の修理のしやすさをスコアで公開しており、点数は10点満点中6点という評価となっている。「Face ID」用ハードウェアを取り外さずにディスプレイを交換可能な点が高く評価された一方、前面と背面が共にガラス製となったことから落下損傷の可能性が2倍になった点、および背面を損傷した場合にシャーシ全体を交換しなければならない点などが低く評価されている模様。

さらに詳しい内容と他の分解写真が気になる方はiFixitをご覧あれ。

iPhone Ⅹに関連する記事

スポンサーリンク

[Follow me] 記事の更新情報をお届けします!!

▶︎公式Twitter ▶︎個人Twitter ▶︎Facebook ▶︎feedly ▶︎Push7でプッシュ通知を受け取る