スポンサーリンク

【Kindle本】「人気ブログの作り方」から心得た初心者のためのブログ運営術

ブログを運営する者として、時間を見つけてはブログ運営に関する様々な本を定期的に読んでいます。

今回読んだKindle本は、かん吉さんの「人気ブログの作り方 5カ月で月45万PVを突破したブログ運営術」

それでは、今回も「いいね!」と思ったフレーズなどを独断と偏見で選んでご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

いいね!と思ったポイント3つ(著書から引用)

1、これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三カ月毎日書く。話はそれからだ

毎日更新に固執すると、一つ一つの記事の質が落ちるから毎日更新は必要ないと反論してくる方もいます。でも、そういう人たちで上手くいったケースは、私は知らないです。

▲ぼくも当ブログをほぼ毎日更新しています。

やはり、見にきてくれる方が増えるまでは毎日更新は必須条件だと感じています。

2、定期的に更新する

定期更新は大事です。不定期更新のブログを読みに来る人はいません。

<中略>

読みに来てもらいたいのであれば、不定期更新よりも、例えば毎週月曜日に更新すると決めて定期更新をすることをお勧めします。

▲これは最初の三カ月間毎日更新して、ブログにストックされた記事が増えてきてからの話ですね。

忙しくて不定期に更新するよりは、やはり定期更新のほうがいいでしょう。でも、できれば三カ月後も毎日更新するのがベストです。

3、文章力がなくても、面白いブログ記事を書く秘訣

いわゆる「文学的な文章力」は、あることに越したことはありませんが、なくても問題ありません。本当に必要なのは、面白いネタだからです。

多少の誤字や助詞の間違いがあっても、面白ければ人は読んでくれます。「自分には文章力が無い」と思わず、まずは記事を書いてみましょう。

▲文章力はぼくも気にしていた時期があります。以前は文章力を意識しすぎるあまり、文面がカチコチに堅くなってしまうクセがありました。

それはぼくが数年前に運営していた初代ブログを失敗させてしまった理由の一つと言ってもいいかもしれません。とは言いつつ、今もまだちょっと堅い感じは残ってますが。

ただ、ひとつ言えることは、下手くそでも記事を書き続けていたら自然に文章力が向上してくるということですね。ぼくのようなブログ運営歴の浅い人間でも、昔自分が書いた記事を読み返してみると恥ずかしくなるくらい下手くそです。

まぁ、この記事もあと半年後に読み返すと「下手くそな文章だな」と思うんでしょうが、昔の記事を読み返してそう思えるってことはそのときよりも今の自分が成長している証なんですよね。

で、結局のところブログの文章力を向上させるには、下手くそでもいいから記事を書いて公開するしかありません。記事を公開して誰かに読まれるということを繰り返しながら文章力は向上していきます。

ですから、文章力がないと悩むよりも「面白いネタ」を探すほうに注力して記事を書きまくることが大事だということですね。ネタさえ面白ければ少々誤字脱字などがあっても面白い記事になるし、それを続けていけばおのずと文書力も向上してくるというわけです。

管理人のひとこと

頑張って更新して記事数を増やしても、なかなか読みに来てもらえないこともあります。

結果なんてすぐにでるものじゃないし、努力だって必ずしも報われるとは限りません。

それはブログに限らず、勉強や恋愛や仕事でもそうだと思います。

でも、先のことなんて誰にもわかりません。

ダメかもしれないし、成功するかもしれない。

ただし、成功する可能性は紛れもなくやったひとにしかないわけです。

だったら兎に角やりましょう!

ではまた!

▼かん吉さんの新刊

【こちらの記事もどうぞ】
▶︎かん吉さんの電子書籍「ブログ起業 10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス戦略」を読了

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク