スポンサーリンク

紫外線対策で敏感肌でも安心して使える日焼け止めを使い始めました!

ここ数年、紫外線対策は一切せずにアウトドアを楽しんでいたぼくですが、そのせいか正直肌荒れが結構ヒドイ。

ぼくは敏感肌なんですが、学生時代は炎天下で紫外線とか気にせずに部活をしても肌荒れとかはなかったんです。

だから、ちょっと紫外線を見縊ってましたm(._.)m

でもここ数年の肌荒れをみると、スキンケアはちゃんとしなきゃヤバいなと心底思い始めました。

そこで、敏感肌のひとでも安心な日焼け止めをいくつか調べて実際に購入して使い始めてみました。

スポンサーリンク

おとな敏感肌でも使える日焼け止め3点

調べたところ、個人的に良さそうだなと思った日焼け止めは下記の3つ。

パックスベビー UVクリーム 30g

日常のUVケアに使え、石けんで洗い流せるベビーUVクリーム。

マカデミアナッツ油・カミツレエキス配合で乾燥しがちな赤ちゃんのお肌の潤いを保ちます。

紫外線吸収剤・合成界面活性剤無添加・無香料・無着色。SPF17PA+

マミーUVマイルドジェル 100g (UVジェル)

90%食品成分使用

無添加、低刺激性、弱酸性、SPF30PA+++

せっけんで簡単に落とせます。

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 120g

花王のノンアルコールUVジェル。

SPF28PA++

こちらもせっけんで落とせます。

ぼくが選んだ日焼け止め

どれも赤ちゃんでも使える低刺激の日焼け止めなんですが、ぼくは2番目の「マミーUVマイルドジェル 100g (UVジェル)」を購入しました。

選んだ理由は「SPF」と「PA」です。

「SPF」とは、短時間で肌に赤みや炎症をおこさせ、黒化につながりやすい紫外線B波から肌を守る指標で、「PA」とは、直後に黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせる紫外線A波から肌を守る効果を示す記号なんですが、この点で「マミーUVマイルドジェル 100g (UVジェル)」が一番優れていると判断しました。

これからは、これを毎日使うことにします^^

管理人のひとこと

これは豆知識ですが、日焼け止めはほとんどの人がきちんと塗れていないそうです。

というのは、みんな塗る量が足りていないのだとか。

外出する際に顔に塗る量は、手のひらに500円玉程度の大きさの量が適量だそうですよ。

ではまた!

スポンサーリンク