スポンサーリンク

Apple、iOSおよびMacアプリでの32bitアプリサポート終了を正式に発表

Appleが開発者向けのニュースサイトを更新し、iOSおよびMacアプリでの32bitアプリのサポートを終了することを正式に発表している。

Appleは「WWDC2017」でも32bitアプリの段階的な廃止を発表しており、2018年1月からMac App Storeに新規提出する全てのMac向けアプリは64bitに対応しなければならず、2018年6月には既存のアプリも全て64bitを実装する必要があるとしている。

iPhoneアプリに関しても「iOS11」で32bitアプリのサポートを終了し、32bitアプリを起動させようとしても「このアプリケーションの開発者はiOS11で動作するようにアプリケーションを更新する必要があります」というポップアップが表示されるとのこと。

source:MacRumors

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク