スポンサーリンク

【iOS 11】ドラッグ&ドロップ機能がiPhoneにも隠されていた

今秋リリース予定の「iOS 11」では、iPadでドラッグ&ドロップ機能が搭載されることが発表されているが、9to5Macによると開発者のSteven Troughton-Smith氏が「iOS 11 beta」でiPhoneのドラッグ&ドロップ機能を有効にする方法を発見したと伝えている。

iPhoneのドラッグ&ドロップ機能は「iOS 11 beta」のファイルシステムの中に隠されており、それを有効化すると写真をアルバムから他のアルバムに移動させたり、メッセージスレッドに直接添付したりできる他、リンクやブックマークなどもドラッグさせることができるようだ。

また、同氏はこの機能について、Appleはホームボタンを「iPhone8」で廃止して画面内蔵のオンスクリーンボタンにした際、オンスクリーンボタンをドラッグ&ドロップ機能のターゲットにするのではないかと予想しているという。

Appleはドラッグ&ドロップ機能をテストしている段階と思われるが、果たして本当にiPhoneにも搭載されるのだろうか。

なお、Steven Troughton-Smith氏がTwitterに投稿した動画は以下のとおり。

【関連記事】
▶︎【iOS 11】iPhoneの写真アプリがGIFアニメ動画に対応~カメラロールから再生可能に
▶︎【iOS 11】iPhoneやiPadの標準機能で画面録画が可能に
▶︎【iOS 11】iPhoneの標準カメラでWi-FiルーターのQRコードを読み込んで接続可能に

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク