スポンサーリンク

【iOS 11】デバイスを近づけてWi-Fiパスワードが共有可能に

先日の「WWDC2017」で発表された「iOS 11」には様々な新機能が用意されているが、その新機能のひとつとしてWi-Fiのパスワードを共有して入力を省略できる機能が搭載されるようだ。

スポンサーリンク

近づけてワンタップするだけで簡単にWi-Fiのパスワードが共有できる

このWi-Fiのパスワードを共有する機能はiPhoneとAirPodsを同期させるときと似ていて、すでにWi-Fiに接続してあるデバイスが近くにある場合、そのデバイスがパスワード未入力のデバイスとパスワードを共有してくれる。

例えば、すでにWi-Fiに接続済みのiPadがあって、そこに新しくiPhoneを購入してきたとする。新しいiPhoneでWi-Fiに接続しようとすると通常どおりパスワード入力フィールドが表示される。

次に、パスワード入力画面が表示されたiPhoneをすでにWi-Fiに接続されてあるiPadの近くに持っていくと、iPad側にiPhoneがネットワークに参加しようとしているというポップアップが表示される。

あとはiPad側でパスワードを送るボタンをタップすれば、少し遅れてiPhoneのパスワード入力フィールドにパスワードが表示されWi-Fiに接続することができるというわけだ。

注意点としては、両方のデバイスがiOS 11をインストールしておかなければならないことと、ロックを解除しておかなければならないことくらいだろうか。

ちょっとしたことではあるが、たったこれだけの操作でルーターの背面にあるパスワードをわざわざ友達のデバイスに入力してもらう必要がなくなるわけだからとても便利な機能である。

なお、iOS 11のリリースは今年の秋を予定している。

source:9to5Mac

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク