スポンサーリンク

iPhone8のディスプレイが点灯した極細ベゼルのモックアップ

先日からiPhoneやiPadのリーク情報を提供しているBenjamin Geskin氏がiPhone8の新たなモックアップを公開している。

今回公開された写真ではiPhone8のディスプレイが点灯しており、上下左右のベゼルが非常に細くなっているのがよくわかる。

ホームボタンは先日から噂されているように廃止され、現時点ではディスプレイ内蔵のTouch IDになるのではないかとの見方が強まっている。

また、背面のデュアルレンズカメラは縦並びとなっており、2つのカメラの間にLEDフラッシュが配置されている。

真ん中やや上にはAppleのロゴが見られる他、同氏が“99%ない”と断言した背面のTouch IDは当然ながら見あたらない。

なお、同氏は今回のモックアップの他にもこれまでiPhone8のハンズオン動画や図面金型の写真などを公開している。

【関連記事】
▶︎「iPhone8」にはシャープ製の有機ELディスプレイを採用か
▶︎「iPhone8」はフチ(枠)なし全画面ディスプレイを採用か
▶︎「iPhone 8」は3モデル展開で5.5インチモデルのひとつに有機ELディスプレイ採用か
▶︎iPhone8、ワイヤレス充電対応のため本体全面ガラス製に?
▶︎iOS11でダークモードを搭載したiPhone8のイメージ画像。ベゼルと画面が一体化したようなデザイン
▶︎次期iPhone(iPhone8)のプレミアムモデルは10〜11月発売の可能性
▶︎iPhone8のTouch IDは背面に搭載?資料の写真が流出か
▶︎iPhone8の新たなCAD画像。Touch IDはディスプレイ内蔵か
▶︎iOS11で搭載が予想されるダークモードのコンセプト動画

スポンサーリンク