スポンサーリンク

503エラーで約2時間閲覧速度が急速に低下!共用サーバーの怖さを実感

昨日、当ブログのサイト閲覧速度が、突如急激に低下するという災難に見舞われました。

その間にアクセスしようとしていただいた方、申し訳ございませんm(_ _)m

速度が低下したのはサイト閲覧時だけではなく、ワードプレスからサイト管理画面にすら、なかなかアクセスできない状況でした。

具体的には、アクセスするためにリロードさせたまま置いておくと、しばらくしてから「service temporarily unavailable」という表示が現れる現象です。

調べてみると、これはいわゆる「503エラー」というもので、サーバーへの同時アクセス数の急激な増加などによる閲覧制限だということがわかりました。

がしかし、アナリティクスで確認しても、いつもとアクセス数はさほど変化はありません。

どうしたものかと、サーバー管理会社に問い合わせてみました。

 

スポンサーリンク

原因は他ユーザー

サーバー管理会社に問い合わせてみた結果、返ってきた返答は

「同じサーバーの別のユーザーのサイトへアクセスが集中したため、負荷が発生した。」

というものでした。

ぼくはあまりサーバーとかに詳しくなんですが、これってすごい怖いですよね?

だって、閲覧制限されている時間は、ずっと機会損失が発生しちゃうわけだから。

しかも、自分のサイトが原因じゃないっていう……。

だからサーバー代を安くケチったりせずに、しっかり安定したところを選んだほうがいいってことなんですね。

 

管理人のひとこと

今の時代ってSNSとかで予期せぬアクセスの増加とかもあるし、多少仕方ない部分はあるけど、ある程度は他人に迷惑がかからないように責任を持ってサイトの運営をする必要がありますね。

この点、専用サーバーという方法もありますが、高価すぎるので手が出せません。

ですから、せめて今自分が加入しているサーバー(プラン)は、1日に何PVまで耐えうるのかなどを見直して、余裕を持った契約をしようと思います。

ではまた!

スポンサーリンク