スポンサーリンク

MacBook Pro (Late 2016) のキーは単体で交換できる~タイピング音が大きくなる問題は修理対応可能

MacBook Pro(Late2016)

昨年発売されたMacBook Pro(Late 2016)は第2世代のバタフライ構造のキーボードが採用されており、しっかりとした打鍵感が特徴なのだが、このキーボードにはMacBook Pro本体の熱によってキートップが変形し、打鍵時の音が大きくなってしまうという問題が報告されているようだ。

その点、Macお宝鑑定団Blogによると、この新しいキーボードは旧MacBook Proのようにキーボード全てを交換するのではなく、キートップ単体で交換することができ、音が大きくなったと確認されるキーのみを修理交換することが可能となっているとのこと。

打鍵音がどの程度大きくなるのか分からないが、今現在MacBook Pro(Late 2016)を使っていて同じような症状を感じている人は「Apple サポート」などを利用して一度Appleに問い合わせてみるといいかもしれない。

「Apple サポート」は、使っているApple製品のトラブル時に、電話、チャット、ジーニアスバーの予約ができたり、サポート情報を確認することができるApple公式アプリなのでダウンロードしておくことをお勧めする。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク