スポンサーリンク

【格安SIM】僕がマイネオではなくUQモバイルを選んだ2つの理由

iPhone SIM

以前、「auのiPhoneで格安SIMにするならマイネオとUQモバイルどっちがいい?特徴や料金プランを比較して考えた。」という記事をご紹介したことがあるが、結局のところ今僕はUQモバイルを契約している。

そこでこの記事では、僕が何故マイネオではなくUQモバイルを選んだのかを2つの理由とともに簡単にご説明したいと思う。

もしUQモバイルとマイネオのどちらかで格安SIMを検討している人がいればご参考にどうぞ。

スポンサーリンク

① UQモバイルは回線速度が安定して速い

回線速度に関しては僕自身が複数のエリアで検証したわけではないが、いろいろな口コミを見る限りではUQモバイルの速度は他のMVNO事業者の中でも群を抜いて安定しているようだった。

これはマイネオの回線速度に大きな問題があるというわけではなく、UQモバイルが圧倒的に安定しているということ。とくにランチタイム時に速度が安定している点は僕の中で高評価だった。

② テザリングに対応している

マイネオでテザリングが使えるかどうかは端末によって異なるが、僕が使う端末(au発売のiPhone)はテザリングに対応していなかった。

その点、UQモバイルは同端末でもテザリングに対応していたことが契約の決め手となった。

まとめ

以上の2点が僕がマイネオではなくUQモバイルに決めた理由なのだが、いかがだろうか。

僕の場合はどうしてもテザリングが使える状態にしておきたかったのでUQモバイルを選択したのだが、テザリングが必要ない人なら勿論マイネオもオススメの格安SIMサービスだ。

例えば、UQモバイルの「おしゃべりプランS(2年間 2GB)」とマイネオの「3GBコース」を比較しても、使えるデータ容量はマイネオのほうが毎月1GB分多いのにも関わらず料金は2年間に換算するとマイネオのほうがUQモバイルよりも若干安い。

その他にも、マイネオにはフリータンクというサービスが提供されており、データ容量が足りない時にユーザーとの助け合いによって保管されているデータ容量を分けてもらってパケ死を回避することができる他、マイネオは2年縛りの制度がないため解約のタイミングを気にする必要がないというメリットもある。

また、回線速度に関してはマイネオは昼のランチタイム時に速度が低下するという評判(記事執筆時点)のようだが、その時間帯にあまり通信をしない人であればそれほど気にする必要はない。

要するに、どちらのサービスを利用したほうが良いかはユーザーの使い方次第ということになる。

今回僕はどうしても回線速度とテザリング機能を重視したかったので、ちょっとくらい高くてもUQモバイルにしたほうが良いという結論に至ったが、利用料金やデータ容量プランの多さ、2年縛りの有無を重視するならマイネオが良いと思う。

テザリングに関しても、僕のようにauプランでiPhoneを使わない人なら利用することができる場合もあるので、「マイネオ=テザリング不可」と思い込まずに一度マイネオのホームページで動作確認端末を調べて自分が持っている端末が使えるかどうかを確認してみることをお勧めする。

UQモバイルも同様に動作確認端末一覧で端末やテザリング等のサービスが使用可能かどうかをチェックできるので、今後au系の格安SIMで携帯代の節約を考えている人は2社のホームページをあわせてチェックしてみると良いでしょう。

マイネオ▶︎mineo

UQモバイル▶︎iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

つっつん
iPhone6以前はキャリアのSIMロックを解除できませんので、例えば僕のようにauで買ったiPhone6に格安SIMを入れて使うとなるとマイネオやUQモバイルなどのau系のMVNOに乗り換えることになります。
スポンサーリンク