スポンサーリンク

AppleがiOS向けの新しい動画編集アプリ「Clips」をリリース

Clips

本日7日、AppleはApp Storeにて新しい動画編集無料アプリ「Clips」を正式リリースした。

「Clips」では、難しい操作をしなくてもシンプルな操作で簡単に動画を編集できる機能が搭載されおり、アニメーションテキストやグラフィック、絵文字やミュージックなどを入れたストーリーを作ることができる。

スポンサーリンク

シンプルな操作ですぐにビデオを作成!Instagram、Facebook、YouTubeなどにも投稿可能

Clips

「Clips」のアプリをダウンロードして起動すれば、すぐに動画(ビデオ)が撮影可能な状態になる。

デフォルトではインカメラの状態なので、アウトカメラを使う場合は赤い撮影ボタンの右側にあるカメラのアイコンをタップすれば切り替えられ、動画はそのまま赤い撮影ボタンを長押しすることで撮影することができる。

Clips

ライブタイトルを使えば、撮影中にiPhoneやiPadに話すだけでアニメーション化されたキャプションとタイトルを追加できる。キャプションとタイトルは様々なスタイルから選択可能。

Clips

写真や動画に複数のフィルタを追加したり、吹き出し、矢印、見出し、絵文字を入れることもできる他、作成した動画の再生中に流れるBGMもiPhoneの中にダウンロードしてある楽曲や自動的にビデオの長さに調整されるアプリ内蔵のサウンドトラックを使用することが可能となっている。

もちろん作成した動画はInstagram、Facebook、YouTubeなどにアップすることができ、友達と共有することができる。

なお、「Clips」はiPhone 5s以降、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)に対応しており、iOS10.3にアップデートすることで使用することが可能となる。

Apple、iOS向け動画編集アプリ「Clips」をアップデート

 

source:Apple

スポンサーリンク