スポンサーリンク

ツイッター、通信量を最小限に抑える「Twitter Lite」を発表

Twitterは4月6日、サービスを利用する上で、理想的ではない通信環境でもTwitterをできるだけ快適に利用できるよう、データ通信量を最小限にし、読み込み速度をアップさせ、不安定なネットワークでも利用しやすくし、デバイス上の容量も1MB以下に抑えるように設計された「Twitter Lite」発表した。

「Twitter Lite」では、起動時や利用時の読み込み速度も最大30%アップされている他、Twitterの基本的な機能であるタイムライン、ツイート、ダイレクトメッセージ、トレンド、プロフィール、画像などのアップロード、通知なども搭載している。

また、モバイルのデータ量をより軽減するために、画像や動画をプレビューで表示し、フルロードしたいものだけを選ぶことができる「データ節減モード」も追加されており、モバイルデータが高額になってしまう地域でも最大70%のデータ量を軽減してTwitterを利用可能とのこと。

なお、「Twitter Lite」はスマホまたはタブレットからブラウザでmobile.twitter.comにアクセスすることで利用可能となっている。

スポンサーリンク