スポンサーリンク

ツイッター、リプライの仕様変更で@ユーザー名が140字の文字数カウント外に

本日Twitterは、リプライ(返信)時の「@ユーザー名」が140文字のツイート文字数にカウントされない仕様を発表した。

この仕様変更は昨年5月に発表されていたもので、これまでは一部ユーザーにだけ試験適用されていたが、本日2017年3月31日より全てのユーザーに適用が開始されている。

スポンサーリンク

リプの仕様変更!@ユーザー名が140字の文字数カウント外に

従来のリプ画面と最新のリプ画面を比べてみるとわかりやすい。

リプライ仕様変更

▲こちらは従来の画面。

「@ユーザー名」は文字数にカウントされ、残りツイート可能文字数は132文字と表示されている。

 

リプライ仕様変更

▲こちらが最新のリプ画面。

返信先のところに「@ユーザー名」が入り、残り文字数は140字のままとなっているのが分かる。

ちなみに、返信先が複数人いる場合は「@ユーザーID」をタップすると返信相手を減らすことができる。(チェックを外す)

返信先が複数人いる場合はリプライを送る前に「@ユーザーID」をタップして巻き込みリプを確認してからツイートしましょう。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク