スポンサーリンク

インスタグラムのアカウント乗っ取りを防止する2段階認証の設定方法

Instagram

インスタグラムでアカウントの乗っ取りを未然に防止する「2段階認証」の設定が可能となっているため、設定方法をご紹介しておきたいと思う。

2段階認証とは、サービスログイン時にIDやパスワードに加えてセキュリティーコードの確認が必要になる設定のこと。これを設定しておけば第三者にパスワードが流出してしまっても自分のスマホでしか確認できないセキュリティーコードがわからなければログインできないので不正ログインや乗っ取りの被害を防止することができる。

設定の手順は簡単なので大切な思い出がたくさん詰まったアカウントを他人からの乗っ取り被害で台無しにしてしまわないためにも早めに「2段階認証」を設定しておくことを強くおすすめする。

スポンサーリンク

Instagramでアカウントの乗っ取りを防ぐための二段階認証を設定する手順

Instagram二段階認証設定方法

▲まずはじめに「設定(歯車)」をタップする。

 

Instagram二段階認証設定方法

▲続いて、「二段階認証」をタップする。

 

Instagram二段階認証設定方法

▲「セキュリティコードをオンにする」のところをオンの状態(緑色)にする。

 

Instagram二段階認証設定方法

「電話番号を追加」をタップする。

 

Instagram二段階認証設定方法

▲携帯の電話番号を入力して「次へ」をタップする。

 

Instagram二段階認証設定方法

▲SMSに送られてきた認証コードを入力して「完了」をタップする。

 

Instagram二段階認証設定方法

▲最後に、SMSでセキュリティーコードを受け取れない場合に使用するバックアップコードのスクリーンショットを保存すれば設定完了となる。(「OK」をタップすればカメラロールに保存される)

二段階認証はインスタグラムに限らず、LINEやTwitter、Amazonなどでも設定しておくと安心なのでまだの人はこの機会に設定しておきましょう!

【関連記事】
LINE乗っ取り防止-PCでLINEにログインできませんでしたと通知がきた場合の対策
Twitterに千代田区から不正ログインがあったとメールがきたので対処しておいた。
Amazonが2段階認証を導入。さっそく設定してセキュリティを強化しておいた!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク