スポンサーリンク

Twitter、タイムラインでもミュート機能を提供へ。

Twitter

Twitterは昨年11月、嫌がらせ対策として、見たくない内容が含まれている自分宛ての@ツイートを通知タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知で通知しないようにできるミュート機能を発表した。

スポンサーリンク

タイムラインでミュートが利用可能に。

Twitterミュート機能

昨年発表されたミュート機能は、あくまでも通知を非表示にする機能でタイムラインや検索には対応していなかったが、今回の発表によると、今後はタイムラインでもミュート機能が利用可能となり、ミュート期間も「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久に」から選べるようになるようだ。

また、プロフィールページに画像が設定されていなかったり、メールアドレスや電話番号の認証がなされていないアカウントなど、特定のタイプのアカウントからの通知の受け取りをフィルターできる機能も順次提供されるとのこと。

Twitterでは先月にも「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチ」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートへの対処」という3つの部分で変更を加えることを発表しており、嫌がらせ対策の強化に取り組んでいる。

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク