スポンサーリンク

Apple、サードパーティ製ディスプレイに修理済のiPhoneも保証の対象内に

画面が割れたiPhone

iPhoneのディスプレイ(画面)が割れてサードパーティー製のディスプレイに交換したことのある人は要チェックだ。

MacRumorsによると、Appleは、画面修理を受けてサードパーティー製のディスプレイに交換してある iPhoneも保証の対象内に変更したと伝えている。これはAppleの正式発表ではないもののApple社内では内部通達が出されており、MacRumorsは複数の情報筋による確かな情報としてこのことを報じている。

これで今までは保証対象外だった非正規ディスプレイ搭載の iPhoneでも保証期間内であればApple Storeや正規サービスプロバイダの修理を受けることが可能となるが、注意点もある。それは、保証はディスプレイ以外の部品の修理が対象になるということである。

つまり、ディスプレイに関する修理であれば、たとえそれが保証期間内であったとしても保証は適用されず通常価格となってしまうのだ。(サードパーティー製ディスプレイを搭載していることが原因で他の箇所が故障したり修理ができない場合も保証適用外)

これはサードパーティー製ディスプレイを搭載した iPhoneは問答無用で保証適用範囲外だったことに比べるとユーザーの利便性は向上したといえる。

だが、以前にTouch IDを搭載している iPhoneのホームボタンを非正規店で修理したことが原因で iOSアップデート時にトラブルが多発したことを鑑みれば、やはり iPhoneの修理はできるだけApple Storeや正規サービスプロバイダを利用することをお勧めしたい。

【関連】エラー53?非正規店でiPhoneの修理をしたことがあるならiOS9は待った!

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク