スポンサーリンク

ドコモのカケホーダイライトプランでデータSパックが適用可能に–月額5,500円から利用可能

NTTドコモは1月27日、「カケホーダイライトプラン」の適用となるパケットパックに「データSパック(2GB)」を新たに追加し、2017年1月30日(月)から受付を開始することを発表した。

スポンサーリンク

「カケホーダイライトプラン」×「データSパック」で月額5,500円から利用可能に

「カケホーダイライトプラン」とは、基本料金が1,700円で5分以内の国内通話がかけ放題になる音声通話定額プランだが、これまでは「カケホーダイライトプラン」に「データSパック」のデータプランを適用させることができなかった。

しかし、2017年1月30日(月)受付分からドコモは「カケホーダイライトプラン」で「データSパック」を適用可能に変更する。

これにより、「データSパック」適用時の最下料金が月額6,500円(カケホーダイプランを適用時)から月額5,500円に下がることになる。

また、15年以上ドコモを契約しているユーザーであれば「ずっとドコモ割」が適用され、月額4,900円で利用することが可能となる。

なお、「データSパック」の契約は端末代の月々サポート額が400円(税別)減額される。

au、ソフトバンクは追随するか

現在、auは「スーパーカケホ(1,700円)」に「データ定額2」を適用させることができず、ソフトバンクも「通話し放題ライトプラン(1,700円)」に「データ定額ミニ 2GB」を適用させることができない。

もし今回のドコモの発表にauとソフトバンクが追随して、それぞれの2GBプランを「スーパーカケホ(1,700円)」および「通話し放題ライトプラン(1,700円)」に適用可能と変更すれば2社ともに月額5,500円で利用することが可能となるかもしれないため、毎月割や月月割の減額はしない方向でドコモを追随することを期待したいところである。

source:NTT docomo

スポンサーリンク