スポンサーリンク

LINE、相手の顔を見ながら電話ができるグループビデオ通話機能を発表〜最大200人まで同時参加可能

LINEが12月14日、最大200人が同時に参加可能なグループビデオ通話機能を発表した。

LINEのグループ通話といえば、今年3月に最大200人まで参加可能な音声通話機能が発表されているが、今回はそのビデオ通話バージョンとなる。

スポンサーリンク

画面には最大4人までの顔を映しながら会話が可能

グループ通話機能では最大200人までが同時に参加することができ、画面には自分を含めて最大4人までの顔を映しながら会話をすることが可能となる。(5人以上の場合は画面の入れ替え可能)

通話中には、6種類の顔認識のエフェクトで喜怒哀楽を表現したり、4種類のフィルター機能で画面の雰囲気を変えたりすることができる模様。

料金は無料だが、モバイルデータ通信の場合は通信量が発生するため、できるだけWi-Fi環境での利用をおすすめする。

なお、同機能は12月14日~15日にかけて全てのユーザーに順次反映され、今後はLINEのPC版にも対応を予定しているとのこと。

source:LINE

閲覧していただき
ありがとうございます

スポンサーリンク