スポンサーリンク

Apple、iMacのヒンジ部分を修理したユーザーに費用の払い戻しを実施か

applestore_ginza

iMacのディスプレイが緩くて固定できない、もしくは過去に修理したことがある人は要確認。

MacRumorsによると、AppleはiMacのディスプレイを支えるヒンジを修理したユーザーに対し、費用の払い戻しを実施する方針だという。

ヒンジ部分に問題があるとされるiMacは、2012年12月から2014年7月に出荷された27インチiMacで、とくにLate2012モデル、Late2013モデルに不具合が多く見られるとのこと。

この不具合は、ディスプレイを支えるヒンジ部分に使われているプラスチック製ワッシャーの強度不足が原因とみられ、購入から最長5年以内であれば無償交換に対応するようだが、現時点でApple公式ページの無償修理プログラム一覧には掲載されていない。

Apple公式の情報ではないため、使っているiMacに同様の不具合が見られるユーザーは、アップルストア直営店や正規サービスプロバイダに電話やWebで自分のiMacが修理プログラムの対象かどうか問い合わせてみることをおすすめする。

スポンサーリンク