スポンサーリンク

Twitter、新しいミュートを追加〜嫌なキーワードを指定してリプやメンションを非通知に

Twitter

Twitterが「嫌がらせ」対策として、自分宛ての@ツイートに見たくない内容が含まれていたときのために、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグを含む自分宛ての@ツイートの通知をミュートする機能を追加した。

これにより、見たくない内容が含まれているリプライやメンションを通知タブ、プッシュ通知、ショートメール、メール通知で通知されないようにできる。

スポンサーリンク

ユーザーごとのミュートとは違う

今回追加された新機能は自分宛に届いた嫌な内容を含む@ツイートの通知を非表示にする機能で、以前から設定できていたユーザーごとのミュート機能とは別物である。

嫌なキーワードを含む通知を非表示にするか、特定のユーザーのツイートを非表示にするかの違いがある。

また、新しいミュート機能は指定した特定のキーワードを含むリプライやメンションに他の利用者がいいね、リツイート、リプライ、引用ツイートなどの反応をしたときも通知されなくなる。

注意点としては、キーワードやハッシュタグのミュートは通知にだけ適用され、引き続きタイムラインや検索ではそれらを含むツイートが表示されるということである。つまり、タイムラインや検索ではそれらを含むツイートが表示されることになる。

ユーザーごとのミュート設定(iOS)の手順は、

ミュートするユーザーのプロフィールページで「設定(歯車)」>「○○さんをミュート」

新機能である、通知のミュート設定(iOS)の手順は、

通知タブ画面で「設定(歯車)」>「ミュートするキーワード」>「+ ミュートする単語またはフレーズを追加」

【関連記事】Twitter、タイムラインでもミュート機能を提供へ。

source:Twitter

スポンサーリンク